内臓脂肪に生漢煎

内臓脂肪・皮下脂肪に効く漢方薬

生漢煎 防風通聖散は
代謝を高め余分な脂肪を燃焼する漢方薬

生漢煎 防風通聖散粒

わたしは皮下脂肪型肥満
img_8589.jpg

余分なお腹の脂肪に!飲んで効く漢方薬!
生漢煎 防風通聖散とは

生漢煎 防風通聖散は
代謝を高め余分な脂肪を燃焼する漢方薬

・18種類の生薬配合
・効果が認められた医薬品
・おなかの脂肪を分解・燃焼
・腸内環境や排出促進(便秘改善)
・血行が良くなる(肩こりや足のむくみがスッキリ)
・代謝を高める(新陳代謝を活性化し基礎代謝アップ)

通販は定期購入が多いけど
防風通聖散粒は
1回限り単品(1カ月分)でも買えたので早速注文して飲んでみました。

1カ月分90包(1日3回×30日分)

初回限定 1箱3,900円
[商品金額] 4212円(税込)[送料] 756円(税込)
[合計] 4,968円(税込)

生漢煎 防風通聖散粒が気に入った理由は?

生漢煎 防風通聖散粒

数ある防風通聖散の中で
生漢煎 防風通聖散粒が気に入ったのは

・おなかの脂肪を分解・燃焼で痩せそう
・腸内環境や排出促進で便秘改善しそう
・血行が良くなり肩こりや足のむくみがスッキリ
・基礎代謝アップして痩せそうってことと

①有効成分が満量処方だから
②吸収率のよい顆粒だから
③満量の中で安いから
(値段に関しては6か月分まとめ注文だと更にお得)
④袋をあけて水なしでもそのまま飲めちゃうからです。

満量処方とは?
決められた生薬の量を100%使うのが満量処方(有効成分を満量配合)

生漢煎 防風通聖散粒は満量処方

原生薬量が27.1ℊと満量
防風通聖散料エキス配合量が多い点(1日分あたり4.5g)
最大量27.1gの原生薬を4.5gのエキスに凝縮

第二類医薬品

生漢煎 防風通聖散粒の味は?

生漢煎 防風通聖散粒

袋はハサミじゃなくて
手でも切れるので手間なし

そのまま口の中に入れるのがお勧め

唾液で溶けちゃうので
いつでもどこでも飲めちゃいます。
味は黒砂糖と薬草が混ざった味で、甘苦い感じで全然いけます。
なんか飲んだだけで疲れが取れる気がしま~す。

そのまま飲むのは苦手という方は
水かお湯に溶かして飲んでもいいんです。(お好みで)
 
私的には、味が薄くなるから
効く~って感じが弱まり何かもったいない気もします。
コップを洗うのも手間ですし。

生漢煎 防風通聖散を飲むタイミングは?

目安は1日3回食前に(*^-^*)

生漢煎 防風通聖散は
漢方薬なので
空腹時に飲むのが吸収がよいと言われてます。
食前に飲み忘れたら、その後の食間に飲むのがよいそうです。

生漢煎 防風通聖散を1カ月飲んだ感想は?

1カ月だったせいか
飲むだけでは痩せなかったし
お腹周りの脂肪も減ってないけど

代謝が上がるおかげか
冷えが少し楽になった…
肩こりや腰痛も楽なった…よな感じで
かなり体調がよくなりました。

また疲れにくくなった気もするし
身体が軽くなって
元気とやる気が出てきてます。

そもそも
飲むだけで痩せるわけはないかと…

せっかく飲んでるんだから
食事の内容を変えたり
軽いウォーキングしたり
何かしら改善した時に
その効果は倍になるのかなって思います。

いずれにしても
生漢煎 防風通聖散は
代謝を高め余分な脂肪を燃焼する漢方薬

痩せるというだけでなく
体調がよくなるので、ずーっと飲み読けたいです。

注意事項もあるのでご確認下さいね。

生漢煎 防風通聖散
生漢煎 防風通聖散はこちらです。

生漢煎 防風通聖散のデメリットは?

代謝を高め余分な脂肪を燃焼する生漢煎 防風通聖散ですが
デメリットがあるとするなら
飲忘れしやすいとこと味です。

①目安1日3回しかも食前にって飲忘れしやすい。
  1日3回って結構面倒だし飲忘れしやすい。
  食前や食間っていうのも飲忘れやすい。(食後ならまだ忘れにくい)

甘苦い味が苦手な方もいるってとこです。
  黒砂糖と薬草が混ざった感じで甘苦い味(私は好きな味)

話がちょいそれますが……
そのデメリット(飲忘れしにくい味のしない物)のない商品はほかにあります。
ファンケルの内脂サポートです。

ファンケル 内脂サポート
 

1日1回なので飲忘れにくいし
カプセルなので味もしません。

生漢煎 防風通聖散は、代謝を高め余分な脂肪を燃焼しますが
内脂サポートは、腸内環境に良好にして脂肪を燃焼するサポートをすると言われてます。
どちらも脂肪燃焼をサポートです。

内脂サポート 公式ページはこちら
内脂サポート 私の紹介記事はこちら

ちょっと豆知識 そもそも防風通聖散とは?

話を戻して

ちょっと豆知識

防風通聖散は
トウキ・シャクヤク・センキュウ・サンシシ・レンギョウ・
ショウキョウ・ボウフウ・マオウ・ダイオウなど
18種類の生薬から構成される漢方薬で

食事によって取り込まれた脂質の吸収を抑制
またお腹についた脂肪は分解・燃焼し、便と一緒に脂質も排出
便量も増えるので、便秘も解消されます。
また
脂肪の吸収を抑制、
脂肪を分解燃焼、排出してくれるので
お腹周りのサイズダウンや体重減少を期待できると言われているんです。

そんなありがたい防風通聖散なので
色んなメーカから販売されているんです。

満量処方の防風通聖散をあげると
・生漢煎 防風通聖散の他
・コッコアッポEX錠
・新ロート防風通聖散錠満量
・防風通聖散料エキス錠「至聖」などあります。

この中で
生漢煎 防風通聖散がよいと思うのは

有効成分が満量処方だから
吸収率のよい顆粒だから
満量処方の中で安いからです。
(値段に関しては6か月分まとめ注文だと更にお得)

ちょっと豆知識 脂肪減少を期待できる漢方薬

ちょっと豆知識

お腹周りや体重の減少を期待できる
代表的な漢方薬は3種類ります。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
・大柴胡湯(だいさいことう)

この3種類の漢方薬は
肥満のタイプによってお勧めが違います。

★内臓脂肪型肥満 ⇒防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
★皮下脂肪型肥満 ⇒防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

★堅太りタイプ  ⇒防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)⇒大柴胡湯(だいさいことう)
★水太りタイプ  ⇒防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

★お腹ポッコリ⇒防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
★むくみ   ⇒防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
★代謝アップ ⇒大柴胡湯(だいさいことう)

一般的には
★女性(皮下脂肪で水太りでむくみ系)⇒防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
★男性(内臓脂肪で堅太りでお腹ポッコリ系)⇒防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)と言われています。

でもこうやって書くと

生漢煎 防風通聖散は

皮下脂肪で水太りでむくみ系の女性にはあまり効果がない!
内臓脂肪で堅太りでお腹ポッコリ系の男性には効果がある!
と思いがちですがそれは違います。

生漢煎 防風通聖散は

・18種類の生薬配合
・効果が認められた医薬品
・おなかの脂肪を分解・燃焼
・腸内環境や排出促進(便秘改善)
・血行が良くなる(肩こりや足のむくみがスッキリ)
・代謝を高める(新陳代謝を活性化し基礎代謝アップ)と
女性にありがちな症状にも有効な漢方薬なのであります。

ちょっと豆知識 痩せるには

痩せるには

脂肪分解するには(体重減少・痩せるには)

生漢煎 防風通聖散しかり
脂肪を燃焼をうながす漢方薬の力を借りながら
摂取エネルギー消費エネルギーのバランスを保ち
基礎代謝量をあげる生活を心がける事が大切です。

摂取エネルギーは栄養(食事)
消費エネルギーは活動消費量・基礎代謝量
※基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギー

簡単にいうと
摂取カロリーが消費カロリーを超えると太る。
摂取カロリーが消費カロリーより減ると痩せる。
(7200Kcalで体重1キロとか)

摂取カロリーは
  摂取=食べた分のカロリー

消費カロリーは
  ・基礎代謝量 50~70%
  ・食事の消化吸収 10%
  ・活動消費量  20~40%位と言われているので

※割合の多い基礎代謝量を上げる事が
 ダイエット(脂肪分解・体重減少・痩せるには)の近道と言われるのです。

基礎代謝とは

生命を維持する為に必要なエネルギー
寝てても消費されるカロリー(生きてるだけで必要なカロリー)
呼吸や内臓の動き、体温調節など。
年齢ともに低下

ダイエット中でも最低限必要なカロリー(エネルギー)
生きてく為に必要最低限のエネルギー量が基礎代謝量なので
ダイエット中に食事制限しすぎて
摂取エネルギーが基礎代謝量以下になると身体を壊す可能性が高くなります。

また
基礎代謝量が高いほど痩せやすい身体
基礎代謝が高いという事は
寝てても座ってっても消費されるカロリーが多いという事なので痩せやすいのです。

基礎代謝量は
性別、年齢、体重、体温、筋肉量、活動量などによって違うので
算出するのは難しいですが…目安なら算出できます。

①一般成人(平均)だと
男性 1,200~1,500キロカロリー(kcal)
女性 1,000~1,300キロカロリー(kcal)と言われてます。

②基礎代謝量の基準値表から算出

年齢と性別のとこの数字×体重=基礎代謝量

例えば
51歳の女性で体重60キロなら
表から20.7×体重60=1242ロカロリー(kcal)になります。
※あくまで目安です。

基礎代謝量を上げるには

基礎代謝量は
性別、年齢、体重、
体温、筋肉量、活動量などによって違いますが

基礎代謝量を上げる事が
ダイエット(脂肪分解・体重減少・痩せるには)の近道と言われています。

基礎代謝量を上げるには

・筋肉量を増やす⇒大きな筋肉が有効なのでスクワット等
・血行をよくする⇒ストレッチしてリンパの流れをよくする。
・体温を上げる⇒運動や入浴や食事や衣類で身体を暖かくしておく。

筋肉を増やす
筋トレをする。
筋肉を1kgつけると
基礎代謝量は10~30kcal/日程度上がる
と言われてます。
筋肉の70%以上は下半身に集中してるので
下半身の大きな筋肉を増やすのが効果的
⇒スクワット(お尻や太腿の大きな筋肉を使う)

血行を良くする・体温を上げる
体温が1度上がることで
基礎代謝量が約13%も上がる
と言われているので
体温を上げる=体を温めとよいんです。

⇒歩いて身体を温める
⇒ストレッチをする。
⇒半身浴やサウナ
⇒体を温める食べ物を食べる。(食べ物が無理ならサプリ等)
⇒腹・首・足首を温める(ウォーマー系などつける)

体重1㎏は約7200Kcalと言われています。
体温が1度上がれば
基礎代謝が13%アップするとなると
46日後(1カ月半)には体重が1㎏減る計算になります。
例)基礎代謝1200Kcalの場合
  1200Kcal×0.13%=156Kcal
  7200Kcal÷156Kcal=46.1日

体温が1度上がるだけで

基礎代謝量が13%アップして1か月半後に1kg痩せるだけでなく
免疫力は5~6倍になるとも言われています。

通常体温36.5~37.0度で正常に働くと言われており
1度下がれば、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン
1度上がれば、免疫力は一時的に5~6倍アップ

免疫力が上がるという事は
病気にかかりにくくなるし
かかっても治りやすい身体になるって事
体温が1度上がるっていいことばっかりですね。
 

身体を温める食べ物

体温を1度上げる為に

・身体を動かす(運動やストレッチ)
・入浴法(半身浴やサウナなど)
・衣類(ネックやレッグウォーマーや腹巻など)
・食べ物(身体を温める食べ物)

身体を温める食べ物

理想的には
身体を動かしたり
入浴法を変えたり
衣類も冬ならウォーマー作戦したり
食べ物にも気を使えば痩せるんですけど

それが出来ない~~~っので

血行を良くして身体を温め
代謝をあげ脂肪燃焼を促してくれる
生漢煎 防風通聖散に頼ってしまう私です。

生漢煎 防風通聖散
代謝を高め余分な脂肪を燃焼する漢方薬 

 ・おなかの脂肪を分解・燃焼
 ・腸内環境や排出促進(便秘改善)
 ・血行が良くなる(肩こりや足のむくみがスッキリ)
 ・代謝を高める(新陳代謝を活性化し基礎代謝アップ)

切って飲むだけ(*^-^*)

生漢煎 防風通聖散
生漢煎 防風通聖散はこちらです。